「ほっ」と。キャンペーン

サーキットの狼(笑)3



d0167382_2225330.jpg


犬写真家『だいず館』に
叩きつけられた挑戦状!(お話変わってないか?)

果たして、『犬写真家』に『バイク』は撮れるのか?( ^ω^)・・・

d0167382_2273980.jpg




『G』 さん

d0167382_228582.jpg


d0167382_2303056.jpg


d0167382_2362364.jpg



オフロードバイクのコーナリングを見たのは初めてでした。
パッと目に入ってきた時は、『爆発!』という言葉が浮かびました。

d0167382_2335396.jpg


d0167382_2341996.jpg


豪快で、迫力のあるコーナリングは心を掴まれました。


撮りたい!という気持ちは無理かと思われた
画角、600mm シャッタースピード、1/80 をも可能にさせました。




『A』 さん

d0167382_2432669.jpg


最初、抑えてる・・・って思いました。

d0167382_2445461.jpg


d0167382_2451841.jpg


案の定、タイヤが温まってからの走りは感動すら覚えました。

d0167382_2483325.jpg


d0167382_2485640.jpg


d0167382_2495938.jpg


まるで、自分も一緒に走っているかのような錯覚。
レンズをシンクロさせる事も意識してなくて、自然と撮れた感じでした。

d0167382_253343.jpg


気が付けば、フォロースルーまで連写していました。
こういうのを、見とれていた・・・と言うのかもしれません。


『MT』 さん

d0167382_2591819.jpg


しょぼい走りだと、言っていましたが
なかなかどうして!!

d0167382_305057.jpg


見事な、『ハングオン』!!
あっ!今は『ハングオフ』って言うんでしたね(笑)
年がバレちゃうかな?

d0167382_332269.jpg


往年の『バリバリマシーン』の表紙のようだぁ・・・(笑)

d0167382_371573.jpg


これは、自分の自論なのですが
写真は『被写体』の魅力が98%以上を占めているという事

写真を見て、素直にカッコいい!
と感じるというのは、実際に被写体がカッコいいのだ。

売れっ子のカメラマンが『売れっ子』なのは
魅力的な『被写体』あってこそ・・・

カメラマンは常に、カッコいい、可愛い、
魅力的な『被写体』を探しているのです。

今回、十二分に楽しかったです。
大満足!!の撮影でした。

ありがとうございました。



ポチッ!と応援して下さい!
励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
にほんブログ村


[PR]
by himitunodaizukan | 2016-09-28 03:26 | メカニック | Comments(2)
Commented by 日本ユニテック at 2016-09-29 10:28 x
お!バリマシをご存じでしたか。

イイんですよコッチの世界来ても(笑)


僕はですね、乗るか撮るかをやっているせいもあってか、
被写体と撮影者は50:50だと思っています。

せっかくイイ被写体であっても、スマホカメラで小さく構図もなにも無いような撮り方じゃダメだし。
イイ撮影者でも被写体がショボかったらどうにもならない。
だからロックバンドがヴォーカルメインに見えてしまうように
写真も被写体がメインに見えてしまいますが。
本当は裏方がスゴかったりするんですよ♪
Commented by himitunodaizukan at 2016-09-30 00:29
日本ユニテック 様

バリマシ、とーぜん知っていますし、読んでおりました。
80’年代空前のバイクブームを青春として過ごした世代です。
当時、250cc レーサーレプリカのマシンで、正丸峠(埼玉)に出没しては、全力でコーナーを攻めておりました。
いつかは、大垂水峠に遠征に行きたいと夢見る少年でした(笑)

その後、ミニバイクレースに足を突っ込むも、資金不足にて、『レースなんて、金がある奴の勝ちなんじゃん…』と悟り、足をあらった過去があります。

なので、今でも当時一緒に走ったバイクが好きだったりします。

被写体と撮影者の比率はやっぱり、98:2 ですよ。
重要なものが写っている写真はスマホで撮ったものでも
やっぱり重要な価値があるのです。

写真の価値は、誰が撮ったか?ではなく、何がどんな風に写っているのかが重要なのです。

それが本来の写真という物の、役割なのですから。

イイんですよコッチの世界来ても(笑)
<< RAW サーキットの狼(笑)2 >>