ディテール表現

d0167382_0521097.jpg




ふとした事で現像ソフトを失ってしまった・・・

マンネリな感じからぼくを救ってくれたソフトだっただけに
ショックが大きい・・・

CANONのカメラを使うかぎり、CANONの味付けからは逃れられない
NIKON  のもつ、ドット感も
PENTAX のもつ、ねっとり感も

CANONのカメラでは再現できないと思ってた・・・
このソフトと出会うまでは・・・

この解像感は、他のソフトでは真似出来ないよ

アドビのソフトでいくつかやってみたが
ピュアディテールを再現する事は困難のようだ。

特に『犬写真』は、毛並みの柔らかさや艶、しっとり感やゴワゴワ感を
どれだけ再現できるかが勝負!!

硬すぎても、ましてや『ねむい』写真なんてもってのほか・・・
これから先、どうしたものか・・・

この写真はそのソフトで現像した最後の写真・・・
やはり、DPPでも、フォトショップでも真似出来ませんでした。

数万円の出費を覚悟するか・・・

フォトショップをもっと使いこなせる様になるか・・・

そんなの、自己満足にすぎないのかな?
いや!
画にこだわってこそじゃないか?






カメラ機種名 Canon EOS kiss-x2

撮影モード 絞り優先AE

Tv(シャッター速度)1/400

Av(絞り数値) 4

ISO感度 100

レンズEF70-200mm f/4L IS USM

ピクチャースタイル daizukan


ポチッ!と応援して下さい!
励みになります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ


[PR]
by himitunodaizukan | 2010-10-01 01:23 | 犬写真 | Comments(2)
Commented by mokomokohotaru at 2010-10-01 22:27
綺麗な写真ですね。
背景のとろけ具合と全体の色使いが素敵。
F4、APS-Cでも被写体と風景の配置次第でここまでボカせるんだなぁ。

これってシルキーピクスですよね?
モニターで見る限りでは、いぬ写真にはいい感じだよなぁ。
ピクチャースタイルが出てるけど、消し忘れですよね。
X2だとISOは200?
全体的に露出はプラス補正で、更にシャドー部分を持ち上げた感じですかね?
Commented by himitunodaizukan at 2010-10-01 23:58
誉めていただいちゃってありがとうございます。

現像はシルキーピクスです。
全体から浮き出すようなディテールの表現力は
他では真似出来ないんですよね。

DPPは先端のみ異常なシャープネスだし(モールドが浮き出ない)
アドビはシャープネスかけると画質が極端に荒れるし・・・
だから、ぼくはこれで行こうと思っています。

ピクチャースタイルは消し忘れです。
でも、テイストという名前で同じような機能があって
登録してあります。

ISOは200ですが?・・・

全体の露出補正はありません。
ただ、被写体が暗くなっていたので、覆い焼きで
明るく補正してあります。
<< シャープネスの量 だいずとおとしゃんのラン >>